がんセンターについて

その他の部門 -研究部-

研究部

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > その他の部門 > 研究部

研究部

概要

2階西病棟の真下で隣にはリハビリ室という臨床現場に近いところに、兵庫県立がんセンター研究部はあります。わたしたちは臨床に還元できる研究、生体試料の保存や遺伝子診断の業務を行っていますが、その向こうには病に苦しむ患者さんやその家族の方がいることをいつも心に留めています。
全国各地のがんセンター研究部門の中でもおそらく最小所帯です(しかし最弱とは全く思っていません)。そのぶん院内外から様々なバックグラウンドを持つ老若男女が参画し梁山泊のような様相を呈しつつ、みな志高く研究に邁進しています。

研究部

研究部の業務内容

  1. がん研究
    • 婦人科腫瘍発がんメカニズムの解明(当院婦人科、神戸大学、奈良県立医科大学、神戸薬科大学との共同研究)
    • 難治性悪性腫瘍に対する中性子捕捉療法(BNCT)の臨床応用(当院整形外科、神戸学院大学との共同研究)
    • 細胞診自動化システムの開発(当院婦人科、(株)シスメックスとの共同研究)
      本研究は当院婦人科で実施された子宮頚部細胞診の残余検体(検査終了後廃棄予定の検体)を用いて実施されております。
      研究に参加を拒否される方はご遠慮なくお申し出ください。提供をお断りになっても診療上の不利益は全くございません。(担当:研究部・婦人科 須藤)
    • HPV関連頭頸部腫瘍の治療個別化(当院放射線治療科との共同研究)
  2. 骨軟部悪性腫瘍や原発不明がんの遺伝子診断

    以下の悪性腫瘍に対して遺伝子診断(RT-PCR→塩基配列同定)を実施しております。
    ユーイング肉腫(EWS/FLI1 or EWS/ERG)、滑膜肉腫(SYT/SSX)、粘液型脂肪肉腫(TLS/CHOP)、明細胞肉腫(EWS/ATF1)、横紋筋肉腫(PAX/FOXO1)、高悪性度子宮内膜間質肉腫(=high grade ESS YWHAE/FAM22)、線維形成性小円形細胞腫瘍(=DSRCT EWS/WT1)

    分子標的治療の選択や薬剤効果の予測に不可欠な遺伝子診断が、ますます臨床の現場で必要となってきています。今後は当院検査部と協力して、院内の個別化治療をサポートしたいと考えています。

  3. バイオバンクの運営

    がんの仕組みを解明することががん克服の最良かつ最短の方法であることは今も昔も変わりません。しかしその手法は近年大きく変わってまいりました。すなわち数多くの患者さんから得られた検体(生体試料)を網羅的に解析し、そこで生じている共通の変化、変異を明らかにするという方法で、現在における医薬品/診断法開発の主たる戦略となっています。したがって研究の出発点となる生体試料を「提供者のプライバシーに配慮し」「最適な状態で」「数多く」保存すること(バイオバンク)がとても重要になります。
    わたしたち研究部は創設以来、臨床各科の依頼により数多くの生体試料(組織・体腔液・細胞など)を凍結保存してきましたが、平成28年より本格的なバイオバンクを稼働させます。
    がん克服の重要なポイントの一つはいかに再発を予防するか、また不幸にも再発した場合でも有効な治療法を患者さんに提供することができることだとわたしたちは考えています。したがいまして当バイオバンクの運営方針は通常の対象症例に加え、再発症例、分子標的治療後の再発、希少疾患、特異な経過を辿った症例からも積極的に収集することです。

共同研究のご案内

 兵庫県立がんセンターの年間がん登録症例数は3600件を数え(2013年)、西日本トップで国内有数のがん専門病院です。手術件数は年間2000件を越え、化学療法、放射線治療も活発に行われています。しかし、研究を進めていくためには,診療が主な業務である院内職員だけでは不十分なため、当センターの豊富な検体を生かしてequal partnerとして共同研究していただける企業、大学、研究機関の広く求めています。
 また当センターでは、「院外共同研究員」という制度を設けており、国内外の大学、民間企業、公的機関を問わず研究員として受け入れています。

共同研究のご案内

  1. 企業(製薬、診断開発)、大学、研究所の方へ

    当センターの豊富な臨床検体を用いて、前臨床研究が可能です。従来の病理検体に加え、前述のようにバイオバンクも稼働させています。ご希望のがん、収集方法などは研究部が各臨床科、病理診断科、検査部とコーディネートいたします。

  2. 学部生、大学院生の方へ

    がんに関する研究を行っている(あるいはこれから始めたい)学部生、大学院生を歓迎いたします(学部は問いません)。細胞株やin vitroで見出したことを臨床検体で確認してみませんか。基礎研究を臨床に還元するためには、このプロセスは大変重要です。研究部には専任研究員が在籍しており、懇切丁寧に研究指導をいたします。過去に当研究部での研究をもって学位取得された方が数多くいます。

業績

  1. Unique roles of estrogen-dependent Pten control in epithelial cell homeostasis of mouse vagina.Miyagawa S, Sato M, Sudo T, Yamada G, Iguchi T. Oncogene. 2015 Feb 19;34(8):1035-43
  2. Transcriptional CCND1 expression as a predictor of poor response to neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab in HER2-positive/ER-positive breast cancer. Tanioka M, Sakai K, Sudo T, Sakuma T, Kajimoto K, Hirokaga K, Takao S, Negoro S, Minami H, Nakagawa K, Nishio K. Breast Cancer Res Treat. 2014 Oct;147(3):513-25.
  3. Inhibition of Cell Death and Induction of G2 Arrest Accumulation in Human Ovarian Clear Cells by HNF-1β Transcription Factor: Chemosensitivity Is Regulated by Checkpoint Kinase CHK1.Shigetomi H, Sudo T, Shimada K, Uekuri C, Tsuji Y, Kanayama S, Naruse K, Yamada Y, Konishi N, Kobayashi H. Int J Gynecol Cancer. 2014 Jun;24(5):838-43
  4. Alpha-fetoprotein-producing ovarian clear cell adenocarcinoma simulating fetal gut in a postmenopausal woman .Akemi Morimoto, Tamotsu Sudo , Toshiko Sakuma , Masanori Yasuda, Kiyoshi Fujiwara (Correspondence) Gynecologic Oncology Reports 8 (2014) 24–26
  5. Boron neutron capture therapy as new treatment for clear cell sarcoma: Trial on different animal model. Andoh T, Fujimoto T, Sudo T, Suzuki M, Sakurai Y, Sakuma T, Moritake H, Sugimoto T, Takeuchi T, Sonobe H, Epstein AL, Fukumori Y, Ono K, Ichikawa H. Appl Radiat Isot. 2014 Jun;88:59-63
  6. Histopathology predicts clinical outcome in advanced epithelial ovarian cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy and debulking surgery. Muraji M, Sudo T, Iwasaki S, Ueno S, Wakahashi S, Yamaguchi S, Fujiwara K, Nishimura R. (Correspondence) Gynecol Oncol. 2013 Dec;131(3):531-4.
  7. VAV1 represses E-cadherin expression through the transactivation of Snail and Slug: a potential mechanism for aberrant epithelial to mesenchymal transition in human epithelial ovarian cancer. Wakahashi S,Sudo T, Oka N, Ueno S, Yamaguchi S, Fujiwara K, Ohbayashi C, Nishimura R. (Correspondence) Transl Res. 2013 Sep;162(3):181-90
  8. Absence of human papillomavirus infection and activation of PI3K-AKT pathway in cervical clear cell carcinoma. Ueno S, Sudo T, Oka N, Wakahashi S, Yamaguchi S, Fujiwara K, Mikami Y, Nishimura R. (Correspondence) Int J Gynecol Cancer. 2013 Jul;23(6):1084-91
  9. Boron neutron capture therapy (BNCT) selectively destroys human clear cell sarcoma in mouse model. Fujimoto T, Andoh T,Sudo T, Fujita I, Moritake H, Sugimoto T, Sakuma T, Akisue T, Kawabata S, Kirihata M, Suzuki M, Sakurai Y, Ono K, Fukumori Y, Kurosaka M, Ichikawa H. Appl Radiat Isot. 2013 Mar;73:96-100
  10. Endometrial stromal sarcoma: clinicopathological and immunophenotypic study of 16 cases. Shin-ichi Iwasaki, Tamotsu Sudo, Maiko Miwa,Masayo Ukita, Akemi Morimoto, Masaru Tamada, Sayaka Ueno, Senn Wakahash, Satoshi Yamaguchi, Kiyoshi Fujiwara, Yoshiko Sakuma, Yoshiki Mikami, Ryuichiro Nishimura (Correspondence) Arch Gynecol Obstet 2013 Feb 23
  11. L1 gene methylation in high-risk human papillomaviruses for the prognosis of cervical intraepithelial neoplasia. Oka N, Kajita M, Nishimura R, Ohbayashi C and Sudo T (Correspondence) Int J Gynecol Cancer. 2013 Feb;23(2):235-43
  12. Molecular-targeted therapies for ovarian cancer: prospects for the future. Sudo T. Int J Clin Oncol. 2012 Aug 23. (Invited review)
  13. Potential role of LMP2 as an anti-oncogenic factor in human uterine leiomyosarcoma: morphological significance of calponin h1.Hayashi T, Horiuchi A, Sano K, Hiraoka N, Kasai M, Ichimura T, Sudo T, Nishimura R, Ishiko O, Shiozawa T, Kanai Y, Yaegashi N, Aburatani H, Konishi I. FEBS Lett. 2012 Jun 21;586(13):1824-31.
  14. High –risk ovarian cancer based on 126-gene expression signature is uniquely characterized by down regulation of antigen presentation pathway. Yoshihara K, Tsunoda T, Shigemizu D, Fujiwara H, Hatae M, Fujiwara H, Masuzaki H, Katabuchi H, Kawakami Y, Okamoto A, Nogawa T, Matsumura N, Udagawa Y, Saito T, Itamochi H, Takano M, Miyagi E, Sudo T, Ushijima K, Iwase H, Seki H, Terao Y, Enomoto T, Mikami M, Akazawa K, Tsuda H, Moriya T, Tajima A, Inoue I, Tanaka K.Clin Cancer Res. 2012 Mar 1;18(5):1374-85
  15. The effect of abdominal radical trachelectomy on ovarian reserve: serial changes in serum anti-müllerian hormone levels. Muraji M, Sudo T, Iwasaki S, Ueno S, Wakahashi S, Yamaguchi S, Fujiwara K, Nishimura R. (Correspondence) Journal of Cancer. 2012;3:191-5. doi: 10.7150/jca.4316. Epub 2012 May 3.
  16. Potential role of LMP2 as tumor-suppressor defines new targets for uterine leiomyosarcoma therapy. Takuma Hayashi, Akiko Horiuchi, Kenji Sano, Nobuyoshi Hiraoka, Mari Kasai, Tomoyuki Ichimura, Tamotsu Sudo , Nobuo Yaegashi , Hiroyuki Aburatani , Tanri Shiozawa , Ikuo Konishi Scientific Reports 2011;1:180
  17. Endometrioid adenocarcinoma with high-grade transformation with serous and choriocarcinomatous differentiation - a case report. Senn Wakahashi, Tamotsu Sudo, Chiho Ohbayashi (Correspondence) Journal of Cancer (2012;3:14-8. Epub 2011 Dec 1)
  18. Type II versus Type III fertility-sparing abdominal radical trachelectomy for early stage cervical cancer: a comparison of feasibility of surgical outcomes. Miho MURAJI, Tamotsu SUDO, Ryuichiro NISHIMURA (Correspondence) Int J Gynecol Cancer. 2012 Mar;22(3):479-83
  19. Boron neutron capture therapy for clear cell sarcoma (CCS): Biodistribution study of p-borono-l-phenylalanine in CCS-bearing animal models. Andoh T, Fujimoto T, Sudo T, Fujita I, Imabori M, Moritake H, Sugimoto T, Sakuma Y, Takeuchi T, Kawabata S, Kirihata M, Akisue T, Yayama K, Kurosaka M, Miyatake S, Fukumori Y, Ichikawa H. Appl Radiat Isot. 2011 Dec;69(12):1721-4.
  20. Evaluation of BPA uptake in clear cell sarcoma (CCS) in vitro and development of an in vivo model of CCS for BNCT studies. Fujimoto T, Andoh T, Sudo T, Fujita I, Imbabura M, Moritake H, Sugimoto T, Sakuma Y, Takeuchi T, Sonobe H, Epstein AL, Akisue T, Kirihata M, Kurosaka M, Fukumori Y, Ichikawa H. Appl Radiat Isot. 2011 Appl Radiat Isot. 2011 Dec;69(12):1713-6

スタッフ

須藤 保:研究部長(婦人科部長、検査部生化学検査室室長兼任)
1994年(平成6年)卒 研究領域:がん細胞生物学(特に細胞周期)、がんバイオマーカー

梶本和義:研究員(病理診断科部長兼任)1994年(平成6年)卒